この記事の所要時間: 446

 

今日はちょっと前から気になっていたICO案件

Patronに参戦をしました!

 

参戦した理由についてちょっとまとめてみようと思います。

 

Patron(パトロン)のプロジェクト概要

最近のマーケティング手法のひとつとして「インフルエンサー」を使って

商品の良さや認知度を広げるという手法がとても多くなってきています。

 

有名なユーチューバーやインスタグラマーに商品をアピールして

もらうことで、SNSユーザーに商品を宣伝してもらおうという手法です。

 

通常であれば、広告主とインフルエンサーの間には芸能事務所や

広告代理店の存在があり、ここに大きな手数料が発生するわけですが、

Patronを使うことによって、インフルエンサーと広告主を直接

結びつけるというのがプロジェクトの主な狙いになってきます。

 

すでにBETA版(PATRON ON THE WEB)が出ていて、1000人以上の

インフルエンサーが登録をされているようです。

 

indaHashも取引所上場でかなりの値を付けているところを見ると、

やはりこういったインフルエンサー(影響力がある人)が関連する

ICOは価格が上昇しやすいのではないかと思います。

 

個人的には、時代の流れにとてもマッチしたプロジェクトだと思います。

 

Patronのファウンダー 久積篤史とは?

まず私が最初に注目したのは、Patronのファウンダーである

久積篤史という人物です。

 

知らない人も多いかもしれませんが、「ヒルズ族」の元祖とも言える人で、

確か10年ほど前だったと思いますが、与沢翼さんなどのアフィリエイター

ブイブイいわせていた時代では、非常に有名な人です。

 

情報発信に関しては本業だと思いますし、情報発信力がある人との人脈などは

かなり持っていることは間違いないでしょう。

 

Patron(パトロン)のメンバー

Patronのメンバーは、かなり凄い人たちが集まっています。

 

仮想通貨時価総額10位に入るIOTA創業チームの

コアメンバーDavid A. Cohen氏

 

「Easy Net」「Real Names」などの1000億円企業を筆頭に

多くの企業を立ち上げ、成功に導いた経歴を持つKeith Teare氏

 

オフィシャルアンバサダーには「マネーの虎」

南原竜樹氏が名を連ねています。

 

PatronはHitBTCに4月上場

公式サイトにHitBTCに2018年4月上場という告知があるので、

資金が眠る期間が非常に短いのはとてもいいですね。

 

Patronのプレセール期間は50%ボーナス!

3月14日まではPatronのプレセール期間なので、購入額の50%の

トークン付与があります。

 

3月27日~4月26日のパブリックICOでは、35%のトークン付与です。

 

HitBTCには4月上場ということなので、パブリックICO終了後すぐにHitBTCに

上場するという流れになるのではないでしょうか。

 

Patronのまとめ

影響力があるメンバーが多いことや、付与ボーナスが大きいこと、

資金が眠る期間が短いことなどを考え、ちょっと気合を入れて

購入してみました。

 

とりあえずは「ICOでお金を集めて持ち逃げ」というような詐欺案件では

ないと思うので、投資金額全額が損失になるという可能性は極めて低い

のではないかと思っています。

 

ボーナスの付与もあるので、上場後ICO価格よりちょっと上昇して

利食いを入れても、そこそこの利益が出せるのではないかと思います。

 

Patron(パトロン) 購入方法

Patron(パトロン)の最低購入額は0.1ETH、0.01BTC

と少額の設定となっていますので、少額投資で楽しむのもいい

のではないかと思います。

 

まずは ↓ こちらから公式サイトへ

Patron公式サイト

 

画面右上の「Sign up」をクリック

 

必要事項を入力し「登録」をクリック

 

確認のメールが届くので、メール認証を済ませてください。

 

ログイン後、左メニューの「PATを購入する」をクリックします。

PATの数量、または支払うETHやBTCの金額を入力してPATを購入します。

 

LTCやBCHでの購入も可能ですが、「取引所や両替所からの送金は

しないでください」とのことなので、マイイーサウォレットから

イーサリアムで購入するのが無難だと思います。

 

 

☆LINE登録はメリット満載☆

トレードテクニック解説動画をプレゼント!

案件の優先登録!

お問い合わせに迅速対応!

友だち追加