この記事の所要時間: 531

 

仮想通貨のICOは今後もたくさん出てくると思いますが、ICOの段階で参加

するような案件は、かなり限られてくると思います。

 

それほど魅力的に感じるようなICOでなければ、上場後に値動きを見定めて

購入しても遅くはないはずです。

 

私がICOで積極的に参加していきたいと思っているのは、以下のいずれかに

あてはまるICOです。

 

インカムゲインを搭載しているトークン

キャピタルゲインとインカムゲインについては、REGAINのトークンが販売

されたときに書いた記事(新たなICO案件 REGAINを検証)を参考にして

いただきたいです。

 

インカムゲインについて、簡単に説明をすると

「うちのトークンを保有していると、1カ月に1回、1トークンにつき

100円の配当がもらえますよ!」

というトークンがあったとします。

 

もしそんなトークンがあり、この100円の配当がしっかりと受け取れている

ような場合、多くの人が「このトークンを持ち続けたい」と思うはずです。

 

なので、このトークンの価格がある程度上がったとしても、決済して手放す人が

それほど多くならないという特徴が出てきます。

 

その一方で「保有していても特に配当(メリット)がないトークン」の場合、

価格がある程度上昇すると、利益確定の決済注文がガンガン入ってきます。

 

なので、値動きがこんな感じになりやすいです。

上場直後、0.000269まで一気に上昇するも、大量の利確決済によって、

結局はICO割れという展開です。

このような展開になるのであれば、上場後市場が落ち着いてから底値を物色して

トークンを購入したほうがいいですよね。

 

このことを考えると、しっかりとしたプロジェクトがあってインカムゲインを

搭載しているトークンのほうが、価格上昇による利確決済が少なくなるので、

価格を維持しやすいということが言えます。

 

現時点で私がICO参加している、バンクエラREGAINがインカムゲインを

搭載したトークンですね。

 

ちなみにバンクエラの配当はイーサリアムREGAINの配当はビットコイン

もらうことができます。

 

実需を搭載したトークン

実需に関しては、こちらの記事(仮想通貨と先物の違い)で記載がある

ので、あとでじっくりと読んでみてください。

 

実需とは簡単に言うと、ビジネスにおいて必ず必要になってくる需要のことです。

 

最近で言うと、Winnex+のICO Wincoには実需があります。

 

Winnex+は現在大規模な商業施設を作っているのですが、この商業施設内に

Winnex+が展開するフランチャイズを開店したい場合、その一部または

全部をWincoで支払う必要があります

 

これは直接説明会に行って聞いてきた話なので、間違いないと思いますが、

1月に1件、2月に2件のオープンが確定しているDIVINOも、

Wincoを使った決済が行われるとのことです。

 

このように実需があるトークンの場合、どうしてもそれを必要とする需要が

あるため、価格が維持されやすいという特徴があります。

 

Wincoに期待!

ICOに参加するかどうかを判断する材料はいろいろありますが、

簡単に言うと、「上場後ある程度一気に上昇し、そのあとさらに

緩やかに上昇するようなレベルのトークン」であれば、ICOで参加を

する価値があるということになってきます。

 

そういった意味では、私はWincoにかなり期待をしています!

 

Winnex+自体、スタートして約1年が経過しますが、当初予定していた

フランチャイズ経営の参加にとどまらず、独自のフランチャイズを運営する

というレベルにまでなってきています。

 

これまでのWinnex+の実績を見る限り、Winnex+やWincoの経営に関する

手腕は、かなりのものであると思っています。

 

また、Wincoはすでに14bit(Winnex+が経営)とその他2か所の取引所に

上場することが確定していること、そしてPoloniexやBinance、Bittrexなどの

最大手取引所にも上場の申請をしています。

 

もし仮にこれらの上場が決まったら、Wincoの上昇はかなり期待ができる

のではないかと思っています。

 

Winnex+の説明会での話を聞く限りでは、大手取引所への上場もほぼ間違いない

のではないかと私は思っています。

 

なぜならここまで実績があり、プロジェクトが明確なトークンというのは、

めったにないからです。

 

プロジェクトが???のトークンでも大手取引所に上場しているところを見ると、

Wincoが大手取引所に上場しないわけがない、と思ってしまうわけです。

 

いずれにせよ、Winnex+の今までの経営実績や、Winco上場の根回しの良さ

などを考えると、Winnex+・Wincoのビジネスセンスというのはかなり評価

できるのではないかと思います。

 

 

なお、Wincoの縁故販売は1月末日までとなっていますが、今からWinnex+に

登録をしても縁故販売に参加することができます!

 

Wincoに将来性を感じる方は、ぜひ縁故販売の割引価格でWincoを購入していただき、

さらにWinnex+で安定した配当を手に入れていただければと思います。

 

Wincoの縁故販売参加方法はこちら(Wincoの概要)をご覧になって

いただければと思います。