この記事の所要時間: 347

 

ビットクラブの紹介方法

ビットクラブに投資をし、その良さが実感できてきたら、

ビットクラブを誰かに紹介してあげましょう。

 

ただ、やたらめったらと

「ビットコインのいい投資案件があるのですが・・・」

なんて知人に紹介をしていたら、誰も近寄らなくなると思いますので、

ビットクラブのいいところだけでなく、そのリスクについても説明をし、

十分に理解してくれる人に紹介をするようにしましょう。

 

リスクについては、こちらの記事(ビットクラブのリスク)を参考にしてください。

 

紹介URLの取り出し方

紹介を出そうとしているアカウントにログインし、

①「Resources」⇒②「Marketing Tools」をクリック

③「Landing Page」に3種類の登録ページがあるので、いずれかのタブをクリック

④ここに、あなたに紐づけされたURLが表示されますので、このURLをコピペして

紹介したい人に教えてあげましょう。

 

ビットクラブで自分を自分で紹介する方法

当サイトでのビットクラブ登録特典、セルフバイナリーの条件としては、

メインアカウントで$3500プールの購入をし、さらにそのメインアカウント

からサブアカウントを2つ作る必要があります。

 

ここでは、自分を自分で紹介する方法について解説をしていきます。

 

まず最初に紹介を出すアカウント(親アカウント)でログインします。

ログイン後、右上の「Enroll Member」をクリックします。

画面下の「Sponsor」が自分のメインアカウントになっているかを確認します。

 

必要事項を入力して「Create Account」をクリックすると仮登録が完了します。

あとは、メール認証 ⇒ プール購入という流れです。

※詳細はこちらの記事(ビットクラブの概要と登録方法)を参照

※複数アカウントを作る場合、BITCOIN01、BITCOIN02などのように

数字をつけたユーザー名にしたほうが、あとあと管理が楽になります。

 

Gmailの便利な使い方

すでに登録をしているアドレスで登録しようとすると、

「すでに登録済みです」というメッセージが出て使うことができません。

 

かといってわざわざアドレスを新たに作るのは大変です。

 

Gmailの場合、@より前にピリオドを入れることによって、

複数のアドレスを使うことができます。

 

bitcoin12345@gmail.comがメインアドレスの場合、

b.itcoin12345@gmail.com

bi.tcoin12345@gmail.com

bit.coin12345@gmail.com

というアドレスを使うことができます。

 

ビットクラブには違うアドレスと認識されますが、gmailでは同じ

アドレスの扱いになるので、メールは全てメインアドレスに届きます

 

ビットクラブネットワーク バイナリーの配置方法

サブアカウントでプールの購入が反映したら、次はサブアカウントを

バイナリーツリーに配置する必要があります。

 

メインアカウントにログイン後、

上部メニューの①「My Team」⇒②「Binary Tree」をクリック

 

まだ誰も紹介を出しておらず、スピルオーバーもない状態であれば、

最初はこのようなツリーになると思います。

※配置後の変更はできませんので慎重に!

 

配置したい位置の「Select User」のプルダウンをクリックすると、

あなたの紹介者のUsernameが出てきますので、配置したいUsernameを

クリックして「Add Member」をクリックすると配置が確定します。

 

なお、配置ができるのは被紹介者が99$の本登録(アップグレード)

が反映されてからとなります。