この記事の所要時間: 32

 

Crypto Click Affiliate(CCA)を母体とする仮想通貨取引所が1月上旬に

オープンを予定しています

 

その仮想通貨取引所の名前は、Crypto Click Market(CCM)

 

当サイトのREGAIN関連記事でも、CCAやCCMについてついては

書かれているのですが、もう一度CCAとCCMについて確認をして

いこうと思います。

 

クリプトクリックアフィリエイト(CCA)とは?

クリプトクリックアフィリエイト(CCA)とは、仮想通貨のICO案件を

専門に扱うASP(アフィリエイトセンター)で、そのキャッチフレーズは

とてもセンセーショナルでした。

 

ICOのホワイトペーパーの完全日本語訳などの提供もしているため、

ICOをより分かりやすくすることに一役かったのではないでしょうか。

 

しかも「有望なICO案件のみを扱うASP」ということが本当に実現すれば、

紹介する側、紹介される側ともにWin-Winになれる最も理想的な仕組み

なることは間違いありません。

 

そういった意味で、クリプトクリックアフィリエイトには私も大きな

期待を寄せています。

 

クリプトクリックマーケット(CCM)とは?

クリプトクリックアフィリエイトが発足当初から掲げていた構想の一つに、

独自の仮想通貨取引所をオープンするという構想がありました。

 

それがクリプトクリックマーケット(CCM)です。

 

つまり、クリプトクリックアフィリエイトとクリプトクリックマーケットは、

全く同じ母体ということになります。

 

クリプトクリックマーケット(CCM)の特徴

CCMが明記している5つの特徴をそのまま書き出すと

・BTCのFX取引がレバレッジ50倍

・プラットホームはMT4を採用

・トレード可能な通貨ペアは15スタート

・デビットカード発行可能

・日本国内銀行で送金代行が可能

 

これってかなりかゆいところに手が届く内容だと思います。

 

私の場合FXトレードもやるのですが、必ずMT4に対応しているブローカー

を使っています。

MT4の使いやすさは他のチャートソフトに比べるとずば抜けているのです。

 

デビッドカードの発行や、日本国内の銀行送金に対応するなども、

資金の移動を簡略化するのに大いに役立つのではないかと期待をしています。

 

CCAとCCMの戦略

またCCMの概要記事では、こんな衝撃的なことも明記されています。

 

ようするにCCAが掲げていた「有望なICO案件のみを扱うASP」の意味は、

CCMに上場が内定しているICO案件を紹介しますよ」というように

解釈できるのではないかと私は思います。

 

いろいろな意味で、今後のCCAやCCMには大きな期待をしたいと

私個人的には思っています。

 

CCMは1月上旬オープン予定!

CCAのサイトでは、こんな発表がありました。

 

それではCCMのオープンを楽しみに待ちましょう!