この記事の所要時間: 239

 

業者リスクという言葉に聞き覚えがない人も多いかもしれませんが、

このサイトで仮想通貨のトレードに関する情報を配信するからには、

説明しておく必要があると思います。

 

 

業者リスクとは?

投資には価格変動によるリスクがあるということは、投資に参加する人

全員が意識しているリスクだと思います。

 

しかし、価格変動以外にもリスクがたくさんあります

 

その一つが業者リスクです。

 

仮想通貨トレードにおける業者リスクの可能性としては

 

取引口座の凍結や取引所の経営破綻などが考えられます。

 

取引口座の凍結

このリスクについては、私が実際に為替の口座で経験しています。

トレードで順調に利益を出したにもかかわらず、口座を凍結され

出金を拒否されたことが過去に複数回あります

 

特に為替ではブローカーが注文のノミ行為を行っている場合があり、

常に利益を出すトレーダーは目の上のたんこぶに他なりません。

 

仮想通貨においても、このようなリスクの可能性は頭の片隅に

おいておかなければなりません。

 

取引所の経営破綻

つい最近でも、韓国の仮想通貨取引所Youbit(ユービット)

が経営破綻をしたというニュースがありました。

 

ハッキングにより約18億円の被害を受け経営破綻になりました。

 

特に仮想通貨ではハッキングによる被害が多く、いつどこが経営破綻に

なってもおかしくないということは必ず頭においておかなければなりません。

 

リスクを回避するために

私の場合は、自分の苦い経験から業者リスクについては常に意識していますが、

おそらく業者リスクへの意識が希薄な方も多いと思いますので、私のリスク回避

の方法を参考にしていただければと思います。

 

為替の例で言うと、私の場合は基本的には

5万~10万円を取引口座に入金 ⇒ 100万~200万まで増えたら出金

これを繰り返していきます。

 

為替の海外口座では、レバレッジが大きいので5万円程度の証拠金があれば、

それなりに大きな取引をすることができるので、このような方法を使っています。

 

仮想通貨の場合も同様です。

当サイトでは仮想通貨トレードの検証をおこなっていますが、0.1Bitという

わずかな資金からトレードを開始しています。

※詳細は仮想通貨トレード

 

どこかにお金を預けた時点で、そのお金がリスクにさらされている

ということを強く意識することによって、大事故を事前にふせぐことが

できますので、業者リスクは必ず意識するようにしましょう!