この記事の所要時間: 25

 

仮想通貨のトレードと先物や為替のトレードには決定的な違いがあります。

 

ほとんどの仮想通貨には実需がなく、為替や先物には実需があるという点です。

 

実需とは?

商社などは貿易取引の決済手段として外貨を必要とします。

ゴムを原料として商品を製造する企業はゴムが必要になります。

 

ビジネスでどうしても必要になるような実際の需要が実需です。

 

 

 

 

 

 

 

米ドル、ポンドなどの外貨やゴム、原油などの先物には必ず実需があります。

 

そして実需がある商品は価値がゼロになるということはめったにありません

 

 

ゼロになる可能性はほぼないので、「ある程度安くなったら買う」という

値ごろ感のトレードが通用するのです。

 

投資の雑誌などには「値ごろ感でトレードするのはダメ」なんてことが書いて

あるのですが、ある程度のチャート分析と資金管理をしっかりとしてさえいれば、

値ごろ感トレードは最強であると断言できるのです。

 

仮想通貨の特徴を理解する

ビジネスにどうしても仮想通貨が必要なケースはほとんど考えらない

ですし、そもそもその仮想通貨のプロジェクトが失敗に終わる可能性も

十分に考えられます。

 

つまり仮想通貨は価値がゼロになる可能性があります

 

 

 

 

 

 

 

当サイトでは軍資金を最低10以上に分けてトレードをしていきますが、

これは購入した銘柄の価値がゼロになるリスクを想定しているからです。

 

仮想通貨投資は為替や先物と違って、価値がゼロになる可能性がある

ということを常に意識した資金管理をする必要があることを忘れない

ようにしてください。

 

☆LINE登録はメリット満載☆

トレードテクニック解説動画をプレゼント!

案件の優先登録!

お問い合わせに迅速対応!

友だち追加