この記事の所要時間: 223

 

ICOに投資するかどうかを判断するうえで、メンバーや組織の

実績がとても重要になってくると思います。

 

こちらの記事(REGAINのまとめ)でも書きましたが、REGAINのCEOである

Dan Affleck氏はIBMを退社後、BitmainのASIC技術の研究チームに所属し、

ASIC技術を使った高速マイニングマシンの開発に従事していました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、Bitmainは常にマイニングシェアでは

No1に君臨しているアントプールの親会社です。

 

下がマイニングプールシェアのグラフです。

アントプールは今日もシェアNo1です。

 

 

 

 

 

 

 

REGAINの現時点での実績がこちらです。

このグラフはマイニングマシンのマーケットシェアのグラフです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年のグラフを見ると、REGAINがおよそ20%のマーケットシェアを

占めているのが分かります。

 

そして64%のマーケットシェアを占めているのがBitmainです。

 

REGAINのプロジェクトは、ビットコイン市場の健全化をはかるために、

Bitmainの独占状態を阻止したいというところにあります。

 

ようするに、マイニングマシンに関する技術やノウハウはある

しかしBitmainの資本力にはかなわないので、どうぞみなさん出資をして

ください

というのがREGAINのプロジェクトです。

 

CEOの経歴は立派でも、組織の実績が乏しいICO案件が多い中、

REGAINの場合はすでにある程度の実績を出せているという部分が、

投資する側としては少し安心できる感じがします。

 

REGAINのトークン購入は$0.04からできるので、ビットコイン市場の

安定をはかろうとしているREGAINを応援してみてはいかがでしょうか!

 

REGAINのトークン購入はこちら

 

☆LINE登録はメリット満載☆

トレードテクニック解説動画をプレゼント!

案件の優先登録!

お問い合わせに迅速対応!

友だち追加