この記事の所要時間: 340

 

Crypto Click Affiliate(CCA)の第2弾ICO案件「REGAIN」の

トークンセール開始が間近となってきました。

 

第1弾ICO案件「MOOVER」は当サイトでは見送りしましたが、

今回のREGAINについては、参加をしていこうと思います。

 

その経緯について以下をご覧ください。

 

Crypto Click Affiliate(CCA)の信用度

Crypto Click Affiliate(CCA)売りは何といっても

「有望なICO案件のみを取り扱うASP」というところです。

※詳細はこちらの記事(ICOの情報源)を参考

 

しかし、CCAが放ったICO第1弾案件である「MOOVER」については、

独自にリサーチしたところ見送りとしました。

※詳細はこちらのカテゴリー記事(MOOVER)を参考

 

このリサーチにより、私の頭の中ではMOOVERだけでなく

CCAの存在そのものに疑問を持たざるを得ない状況となり、

しばらくCCAやMOOVERの動きを静観しようと思ったのです。

 

Crypto Click Market(CCM)のオープン

CCAの動きを静観するなかで、私が注目していたのは

Crypto Click Market(CCM)という仮想通貨取引所の構想です。

 

これはCCAがオープンした当初からの構想だったのですが、

FX取引(MA4対応)、デビットカードの発行など個人的には

非常に興味がありました。

 

もしCCMの計画が軌道に乗ることになれば、

多くの仮想通貨銘柄をMT4でトレードできるという意味では

CCMが仮想通貨取引所として、かなりの注目を浴びるのではないか

と思っています。

 

上場までの出来レース

そして、ここからが本題です

 

以下CCAが掲げるCCMの構想です。

 

 

この中で最も注目なのは

「CCMは新コインを積極的に上場させていきます」

という部分です。

 

CCAがICO案件を提供 ⇒ CCMに上場

要するに上場までは出来レースということになりますね。

 

 

CCAオープン時のキャッチフレーズはこれです

「有望なICO限定での提携」

ここで言う有望なICO=上場が確定しているICO?

 

 

そして、CCAはCCMという取引所をオープンし、下記に記載の通り

CCAで取り扱っているICOが発行するトークンをCCMに上場・・・」

ということになれば、上場までの完全なる出来レースが成り立つわけです。

 

 

これらのことを考えると、CCAの戦略や目のつけどころがとてもいい

というのが私の意見です。

 

なんだかとても大きなカラクリが、すでに仕込まれているのかな

という感じがするのです。

 

REGAINについて

REGAINのICOに参加する前の段階として、CCAの動向は

注目するに値するものだと思うので、CCAやCCMの話が長くなって

しまいました。

 

ただ、今回のREGAINに参加するかどうかを決めるうえで、

CCAの戦略とREGAINの特徴を併せて考えることがとても重要

だと思います。

 

ちょっと記事が長くなってしまったので、REGAINの特徴については

別の記事で書いていこうと思います。

 

REGAINについてまとめてみました!

REGAINのトークン購入方法

 

☆LINE登録はメリット満載☆

トレードテクニック解説動画をプレゼント!

案件の優先登録!

お問い合わせに迅速対応!

友だち追加