この記事の所要時間: 343

 

Crypto Click AffiliateというICO専門のASPに期待を寄せ、

「ICOにチャレンジするぞ!」と意気込んでいたものの、綿密なリサーチを

していると次々と不安要素が・・・

 

やっぱりICOで稼ぐのは至難の業か?と思っていたところ、私が信頼している人から

Kubera(クベーラ)というICOの情報をいただきました。

 

いろいろと確認をしていると、これはチャレンジする価値がありそうなICOです。

 

Kubera(クベーラ)は上場が確定している!?

ICOにとって取引所に上場するかどうかは、まず最初に超えないと

いけない難所ですが、12月1日にHitBTCに上場が確定している

という情報を入手しています。

 

 

HitBTCは海外でも非常に有名な取引所で、ICO直後のコインを

多数取り扱っています。

 

Kubera(クベーラ)はラオス政府と提携!

”政府と提携”などと聞くと、Nコインを思い浮かべる人が多いと

思いますが、こちらは間違いなく本当ですね。

 

 

大手媒体でも多数取り上げられています。

@DIME(株式会社 小学館)

BIGLOBEニュース(ビッグローブ株式会社)

エキサイトニュース(エキサイト株式会社)

現代ビジネス(株式会社講談社)

 

Kubera(クベーラ)上場後のシナリオ

ICOの成功は上場ではありません。

上場したからと言って、そのコンセプトや上場後の戦略がしっかりと

していないと、コインの価格は高騰しません。

 

今回私がKubera(クベーラ)を購入した理由は、上場が確定している

だけでなく、コインのコンセプトや上場後の戦略が期待を持てると感じた

からです。

 

不正を改善するためのKuberaプラットフォーム

前述したラオスでは、手書きによるアナログなシステムで宝くじを販売して

いるため、不正が横行しています。

 

その改善策として、Kubera(クベーラ)のプラットフォームを利用するので、

ラオス政府にとってもKuberaにとっても大きなメリットとなります。

 

Kuberaが提供するゲーミングプラットフォーム

Kuberaコインは人同士がお金を賭けるP2Pゲーミングプラットフォームで

使用することができます。

 

すでにアップルやグーグルの審査を通過しているものもあります。

 

P2Pゲーミングプラットフォームというと聞こえがいいですが、

要するにギャンブルですね。

 

ということで、早速5000Kubera(クベーラ)を購入してみました。

 

正直言ってICOの購入が初めてなので、これがうまくいくかどうかは

サッパリ分かりませんが、試しにKubera(クベーラ)を購入してみよう

という方は、こちらから購入が可能です。

 

Kubera(クベーラ)の購入

 

 

画面右側の「登録」に必要事項を入力し、

私は中国市民ではない

私はアメリカ市民ではない

私はロボットではない

にチェックを入れ登録ボタンをクリック

 

するとメールが送られてきますので、確認用URLをクリック

 

これで登録が完了します。

 

ログイン後、

左メニュー トークンの購入をクリック

イーサリアム決済は画面左側、ビットコイン決済は画面右側の

Kuberaの欄に購入する数量を入力します。

 

その時のレートが自動計算され、支払うビットコインの金額が表示されます

ので、一番下の段のアドレスに送金をします。

 

 

私の場合、送金後30分ほどで購入履歴に反映されました。

 





LINE@の登録は特典満載です!


・最新案件の先行案内!

・親身、スピーディーなサポート!

友だち追加
LINE ID @oqg0880v
(オー、キュー、ジー、ゼロ、ハチ、ハチ、ゼロ、ブイ)


メールでのお問い合わせはこちらから


メールでのお問い合わせの場合、返答まで3日ほどかかる場合がありますので、
なるべくLINE@をご利用ください。